2017年04月29日

アニメの力

世界中が見ている

ゴールデンウィークが始まりました。
長野の旅にでも行こうと思いましたが
閃いたことは少し違っていたようです。

最近では日本の漫画が実写化されたり
海外で映画化なんて話も珍しくありません。

外国にはない繊細な描写と表現力の高さ
日本人にしか描くことが出来ないこれも
「匠の技」

日本の漫画やアニメが世界中で人気があるのは
人間の“心”
を描いた作品が多いからだと思っています。

時代の変化が進むにつれ世界中の人が
日本人の描く“心”に魅了されていく。



世界に広がれ

ブログで書いているお話もいずれは漫画や
アニメになって世界中に広がっていくのだと
感じています。

理論を聞いた人の中でマンガやアニメを
描ける人が必ずその役目を果たすはずです。


そんなイメージが湧いてきたので
なんとなく4コマ漫画を描いてみました。
(技術がないので恥ずかしい)

306a.gif

もっと背景とか、いろんな描写テクニックが
あったら面白いのになあ・・・

どこかでそんな人と巡り会えることも
期待しています。




「たましいの3点セット」を購入希望の方は
3月23日のブログをご覧ください。

2017年4月4日発売。
「自然のルール通りに。たましい編」
bookno3s.gif

「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」
posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

心の国 「日本」

それぞれの役割

「最近ブログを更新しませんね。」
そんな声が聞こえてきそうな今日この頃。

世の中はあらゆる分野で、今までに経験したことの
ない状態が進行し続けています。

ブログを書かないのは書くべきこと
信号として入って来なかったからです。
(いっぱい書くことはあるのですが、
今、書くべきこととは違うようです。)


小笠原慎吾氏の理論を学びたければ
4月5日のブログに書いたように
ほかのいろんな方のブログを読んだ方がいい。

わたしの役割は理論をひたすら実践して
その経験をブログに書くことだと思っています。

理論の実践=遊ぶこと
つまり最近本気で遊んでないということですね。

そろそろ本格的に「働こう」
(働く=遊ぶ)



反転した世界

みなさんは日本地図を逆さまから
見たことはありますか?
知っている方もたくさんいると思いますが
北海道から戻りすぐに目にしたこの情報。
韓国の朴鉄柱(ボクテッシュウ)氏が残した言葉

「ソウルから日本を眺めてみると、
日本が“心”という字に見える。」


北海道の旅で感じた「反転」もここに繋がっている。


305a.gif

反転した日本地図は確かに「心」に見える。
(少なくともわたしには)

最初にこの話を目にして聞いた時
感動のあまり涙が出そうになった。

今までの「お金と物の世界」から
「命と心の世界」に反転するならば、
日本は間違いなく
心の国であり、世界を引っ張っていく国

その日本に生まれたことが
最大限の「幸せ」であり
世の中の転換期の今この時期に
日本人であること自体が
とても重要な意味を担っている。


それぞれの役割を全うしよう。



「たましいの3点セット」を購入希望の方は
3月23日のブログをご覧ください。

2017年4月4日発売。
「自然のルール通りに。たましい編」
bookno3s.gif

「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」
posted by koji-kin at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

北海道の旅 その8

イメージを拡げて

「よく生きてましたね。」
Sさんと食事をしながら、ついそんな言葉が
出てしまいました。
Sさんも
「本当に、よく生きてました。」
と答えてくれた。
それほどまでに普通の人では味わえない
いろんな経験をしてきたようです。

ヨルの時代からヒルの時代に転換していくのは
容易なことではありません。
マイナスからプラスに移行するには
必ず0(ゼロ)を通る。

(この0がなんなのかは理論では
はっきりとしています。)


出来れば、大きな浄化ではなく、
人々の思い考えが変わることによってスムーズに
ヒルの時代へ移行できればと思っています。

「あまい!」

といろんな方向から聞こえてきそうですが
わたしの持っているイメージが拡がれば
それも難しくないと本気で思っています。


今の世の中も人々のイメージが現実化したもの。

ひとりでも多くの人が
「愛と優しさに溢れた世界」
をイメージして欲しい。



理論が結ぶ。

今回、北海道でお会いした3人には
大変お世話になりました。

小笠原慎吾氏が理論を残してくれなかったら
こういう形で北海道を訪れることもなかったし
3人に出会うこともなかった。
小笠原氏はこういう動きになることも
すべて見えていたのだと思います。

理論によって繋がった縁は輪となり
さらに拡がっていくでしょう。

小笠原氏に実際に会ったことはありませんが
そのすごさと素晴らしさを実感できる旅でした。

そして同時に自然のすごさと素晴らしさも。

Sさんはフランスにある
「ルルドの泉」
の話もしてくれました。
澄んでキレイな場所には
黙っていてもたくさんの人が集まる。


そういう「魂」になりたい。

そうなるためには自然さんと対話しながら
ヒルの生き方を実践するしかない。

(他にやることはない)

tokyo0403.jpg
※4/3東京駅周辺の夜桜

東京に戻るとキレイな桜が出迎えてくれた。

桜(皇)の季節の始まりです。


※余談ですが今回出会った人たちの
イニシャル(苗字です)を並べると
M→T→S→H(自分)
明治→大正→昭和→平成
みたいに並べることが出来ます。

そして次に続いていくのでしょう。



「たましいの3点セット」を購入希望の方は
3月23日のブログをご覧ください。

2017年4月4日発売。
「自然のルール通りに。たましい編」
bookno3s.gif

「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」
posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする