2018年06月29日

4つの時代 その4

天弥生時代

今から約2,500年後に始まるヨルの時代を
天弥生時代
と呼んでいます。

昨日のブログで天縄文時代
誰もが幸せに生きることが出来て、自然環境も
綺麗にしながら、大きな輪(和)をもって、
世界中が楽園(楽しむ場所)となる。

と書きました。

何故、その楽園を
人類は手放してしまうのでしょうか?


楽の極みまで到達した人類は、楽を追求しすぎた
結果、自然のルールとはかけ離れた行動を
取るようになったり、個が際立ちすぎて社会そのものが
成り立たなくなるだと想像します。
(このことはいずれブログで書きます)


今までのヨルの時代である地弥生時代
地球上にある、あらゆるものを勝手に盗んで
お金に変えるような時代でした。
(土地・化石燃料・水・CO2など)

資源の量は限られていたので奪い合いや
貧富の差が生まれたわけですが、
2,500年後の天弥生時代でも同じような
ことが繰り返されると想像します。

ただし、舞台は地球上から宇宙へと変わって
いくと考えます。まさに
「スターウォーズ」の世界

天弥生時代の記憶を持つヨルの魂の人
自らの経験を思い出しながらスターウォーズ
のようなストーリーを描いたのだと、わたしは
思っています。

世界中で発見されている、いわゆる
オーパーツ(未確認物体)
は天弥生時代に造られたもので
今の地弥生時代の技術では説明することが
不可能な訳です。
(この辺りのお話はまたの別の機会に。)

449b.gif

2,500年後の地球
その時に自分の魂が人間として地球上にいるか
どうかは別として、理論に基づいて思い描くと
ワクワクしてきます。

それぞれの時代の意味がわかってくると
自分がなぜ今、地球上に存在しているのかが
見えてきます。


自分の役割を果たそう。



「たましいの3点セット」を購入希望の方は
こちらのブログをご覧ください。

2017年4月4日発売。
「自然のルール通りに。たましい編」

「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」
posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。