2018年07月25日

酷暑 その3

ルールが違う

7月24日に総務省消防省が発表した
7月16〜22日の1週間に熱中症で緊急搬送
された人の数が全国で2万2647人だそうです。
(統計を取り始めて最多)

昨日のブログ「酷暑その2」
で触れましたが、熱中症になる原因の1つに
「集団行動」
が挙げられています。

集団の中にいると自分だけが
「つらい」、「暑い」、「気分が悪い」
とは言い出しにくく、我慢をして一緒に
行動を続けてしまい無理がたたります。
それは、周りに迷惑をかけたくないという
思いや、ここで倒れたらかっこ悪いなどの
ある意味、見栄や我なども隠れています。

今までのヨルの時代は
「我慢や忍耐」が美徳でした。


それが出来たのは、ヨルの魂を持って生まれ
ヨルのエネルギーで満たされた世の中だったから。
(見えない人たちにも守られていた)

今の子どもたちはヒルの魂を持って生まれて
来ています。(当然、今の大人の中にもいます。)
ヨルのルールの中では生きづらい。
(生きることが出来ない)

ヨル(祖)の基本=苦労して造る
ヒル(皇)の基本=楽して動く

今回の酷暑は、ヨルとヒルとでは
まったくルールが違うことを教えています。



団体行動をしない事

この理論を教えてくれた小笠原慎吾氏が
残してくれたものに
「平穏無事に生きる方法 25項目」
があります。

その25番目の項目が
「団体行動をしない事」
(運をよくし、災難に合わない方法)
となっています。

まさに今がその時なのだと実感しています。

運(場+時)をよくするには出来るだけゆっくり
自分のペースで行動することが大切です。
(ヒルのルール)

団体行動は自分を押し殺して、他人のリズムに
合わせなくてはいけません。
(ヨルのルール)

気象も含めて今までとは違う自然現象が起きたり、
違うエネルギー(見えない)の流れだったりします。

だんだんと、他人の感覚は頼りにならなくなります。

自分の心の感覚を信じて行動しましょう。

ちなみに、どこかに遊びに出かけるときも、
現地集合・現地解散がベスト
(各々好きな方法で移動する)

是非試してください。

457a.gif

移動中はひたすら目に映る景色を見て
その様子(変化)を感じ取りなさい。とのこと。
(すべて教えてくれる)



「たましいの3点セット」を購入希望の方は
こちらのブログをご覧ください。

2017年4月4日発売。
「自然のルール通りに。たましい編」

「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」

posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。