2018年08月30日

ヒルの鳥

ふくろうさん

前回のブログ「自然の中に」
で紹介した烏川渓谷にはつり橋があって
そこの入り口には、木彫り(?)のフクロウが
鎮座しています。

2018.08.23c.jpg
※親子のフクロウの様です。

大ヒット映画「ハリーポッター」の影響か
最近ではペットとしての人気が急上昇だったり。
「フクロウカフェ」なども女性を中心に
大勢のお客さんが訪れているようです。

フクロウが注目を集めている理由は
ヒルの鳥の象徴だからだと思います。


フクロウ=不苦労
フクロウ=福(匐)来朗


最近では、こういう語呂合わせの看板も
目に付くようになりました。

2018.08.23d.jpg
※アジアンオールドバザールIZU店内

ヨルの時代にわたしたちを見守り
導いてくれていた鳥たち
・情報のハト
・生命のスズメ
・もののカラス

など、少しずつわたしたちの前から
その姿を消しているようにも感じます。

代わりに「フクロウさん」が活躍するかどうか
注意深く観察していきます。

466a.gif
※挨拶も「ご苦労さん」から
「不苦労さん」になったりするかも!?




「たましいの3点セット」を購入希望の方は
こちらのブログをご覧ください。

「自然のルール通りに。たましい編」
「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」
posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。