2018年10月27日

縄文の暮らし

縄文人の概念

約2,500年前に終わったとされている
「縄文時代」
彼らには「所有」という概念がなかった。

現代で例えば自分のスマートフォンが机に
置いてあって、それを誰か知らない他人が
持っていって利用していても、平気な顔をしている。
(最新のiPhoneならば10万円を超えています。)

目の前にあるものはみんなのもの。
採取した木の実や、魚など、分け隔てなく
みんなに分配して与えます。それは

すべて地球から頂いたもの

自然を傷つけることなく、必要以上に
何かをため込むこともない。

毎日、自然に目覚め、木になっている実などを
食べて、狩りにいったり、遊んだり、縄文土器や
道具を作って1日を過ごし、眠くなったら寝る。

子どもたちは笑いながら駆け回り、親たちは
それを見てほほ笑む。
(縄文犬も一緒に遊んでいました。)

486b.gif

必要なものはすべて揃っている。
(これ以上何が必要なんだろう?)

なんて豊かな暮らし。
(なぜか涙が出る。)

これから迎える2,500年のヒルの時代
「天縄文時代」(皇の時代)
この時代を迎えるための準備をしよう。

わたしの出来ることは
「お話をする。」ことだけ。


明日10月28日(日)午後1時より
東京の西荻窪でお話会を開催致します。


2018.10.28.jpg

数名なら参加可能ですので、興味のある方は
お気軽にご連絡ください。
(当日連絡でも参加可能です。)

koji☆soho-phoenix.com
(☆を@に変えて下さい。)

「たましいの3点セット」を購入希望の方は
こちらのブログをご覧ください。

「自然のルール通りに。たましい編」
「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」
posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。