2019年09月06日

黒の日

カラス=クロウ(苦労)

本日9月6日(金)は
「黒の日」そして「カラスの日」

今まで続いた2,500年のヨルの時代
カラスたちは人間を観察しながら
お金と物のエネルギーの状態を
教えてくれていました。
(八咫烏=「導く」を思うと
意味がわかってくるかと思います。)


他の鳥たちも、しっかりとその役割を
果たしてくれていました。
ハト=情報エネルギー(上)
スズメ=生命エネルギー(前)
カラス=物質エネルギー(下)


しかし、
それは今までのヨルの時代でのお話。


ヒルの時代に向けて
神さまたちが入れ替わるように
鳥たちの役割も入れ替わるようです。


ヨルの時代の象徴は「苦労」でした。
カラスは英語でcrow(クロウ)=苦労



フクロウの時代

遥か昔から自然と共に生きていた
アイヌ民族では神様のことを「カムイ」
と呼んでいます。自然に存在するものは
すべてが神(カムイ)です
が、鳥も崇拝
し神聖視していました。中でも

フクロウ=イショサンゲカムイ
白い服を着た人の姿で
アイヌ人の夢の中に現れるという


カラスが「黒」ならば
フクロウは「白」
カラスが「苦労」ならば
フクロウは「不苦労」

これからのヒルの時代の象徴は
「楽」=苦労しない=不苦労

フクロウが注目を集めているのも
ちゃんと理由があるわけです。
(大ヒット映画「ハリーポッター」シリーズで
白いフクロウがそのかわいさと存在感で
大人気になりましたね。)

カラスを見たら
「今までご苦労様でした。
導いてくれて、ありがとうございました。」

と声をかけてみて下さい。

578a.gif

彼らは人間の言葉を理解しています。



お気軽にお問い合わせください。
koji☆soho-phoenix.com
(☆を@に変えて下さい。)

「たましいの3点セット」を購入希望の方は
こちらのブログをご覧ください。

「自然のルール通りに。たましい編」
「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」
posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。