2020年03月11日

2011年3月11日(金)

あの日を忘れない

今から9年前の
3月11日午後2時46分18秒
「東日本大震災」
が発生しました。


その日は、パソコンの仕事で吉祥寺の
お客様の所(建物の2階)にいて、
揺れが始まるとお客さんがわたしの腕を
しっかりと掴んで離しませんでした。

窓の外では、建物から大勢の人たちが
外に出てきていて、ざわついていました。

その時、咄嗟に空を見上げたのですが
黒い雲のようなものが空を覆いつくすような
感覚を味わいました。
(実際は晴天です。)

あの日の震災が無ければ、わたしは
今の思考にたどり着いていません。
津波ですべてが流されていく映像を見て
「お金や物に拘っていても
自然さんが指を鳴らせば一瞬で消える。」

(わたしはそう感じたのです。)

2017年の9月4日
震災から6年も経ってしまってから
岩手県陸前高田市にある
「奇跡の一本松」
を訪れました。

「復興」というにはほど遠い状態の光景
を目の当たりにして、しばらくの間
そこから動けなかったのを思い出します。
(その時のブログはこちら)

あの日をきっかけに、多くの
日本人の“心”(魂)が動き始めています。


そして、ここに来ての地球の環境の変化に
さらに多くの人たちが、
「ヒルの時代」
へと思い考えをシフトし始めています。

2020.03.11.gif

2011年3月11日午後2時46分18秒

わたしたちはあの日のことを忘れない。

“黙祷”

※2020年3月11日午後2時30分ぐらいから
わたしの住む三鷹市では雨が降り始めました。
きっと、浄化をしてくれているのですね。
posted by koji-kin at 14:46| Comment(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。