2017年12月06日

まっ赤だな〜

悪魔城ドラキュラ
(内容とは関係ありません)

11月17日のブログ
「優しい旅 東京編その1」
でわたしに会いたいとメールをくれた
フランス人のステファンとアメル
11月6日の夕方、吉祥寺で会って
とても楽しい時間を過ごしました。
次の日(7日)の朝に目覚めると
左目の内側の白目の部分全体が
出血しているようかのように
真っ赤になっていました。

まるでドラキュラのように。

原因は何だろうと思いながらも
パソコンのお客さんの所へ行くと
「わたしも、まったく同じ風になりましたよ。」
さらに他の訪問先の人からも
「まったく同じ症状でしたよ。」
とそれぞれに言われました。
11月25日の武蔵村山市のお話会でも
「周りでも目のトラブルが多いですよ。」
と一人の参加者が教えてくれた。

目は心の窓
(何かが起きたのですね)

385a.gif


原因は何処に?

人間の悪い癖です。こういう時
何でこうなったのだろうと考えます。
(今の状態を受け入れればいいのに)

わたしの場合
・遅い時間に安曇野から東京に
休むことなく車で帰ってきた。

(体に無理が)
・日曜日にステファンとアメルから
メールを貰って、英語のことや
どこに行って、何をしようかと散々
頭の中で考えてよく寝れなかった。

(脳にも負担が)
・高山でのお話会で、まだ残った「念」が
何かしら体に影響しているのでは?
(心の問題)
※昨年のお話会ではK夫妻がわたしの
身代わりになってくれた。
などなど。

原因はどれか?
全てが正解であり不正解でもある
と考えます。

安曇野〜高山〜東京と、どこか
完全には脱力することが出来ず
「心と体の緊張」
が続いていたのだと思います。

大事なことは原因が外にはなく
すべて自分の内側にあるということ。


ストレスをかけているのは自分です。

1週間ほどかけて、肩の力を抜き
自然の中でゆっくりと呼吸をすることで
固まった心と体がほぐれていくのを感じると
同時に目の赤さも消えていきました。


お客さんの一人がわたしに言いました。
「年取ると
体にいろんなことが起こるのよ!」

案外、これが正解なのかもしれない。



「たましいの3点セット」を購入希望の方は
3月23日のブログをご覧ください。

2017年4月4日発売。
「自然のルール通りに。たましい編」
bookno3s.gif

「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」
posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

縄文人が近づいた!

縄文人の顔

11月29日の北海道NEWS WEB
道南の木古内町の道路工事現場で
見つかった縄文時代の集落の遺跡から、
表面に人の顔を描いたとみられる
石の板が見つかり、道埋蔵文化財センターは
「縄文中期の出土品で表面に人の顔を
描いたものは珍しく、極めて貴重だ」

としています。見つかったのは1辺が
12センチほどの三角形に加工された
砂岩の板です。

〜ネットの記事より抜粋引用〜

ニュース内の動画を見ると
北海道埋蔵文化センターの
長沼孝常務理事が

「縄文人が近づいた!」
と発言しています。

384a.jpg
※画像はネットニュースより引用

わたしはこの一言に
大きく反応してしまいました。


縄文の出土品を発見したのなら
「縄文人に近づいた。」
(縄文の文化にまた一歩近づいた。)
と表現しそうなところです。

発言をした長沼孝常務理事も
自然さんからの信号を受け取って
「縄文人が近づいた!」
と言葉にしたのだと感じました。

2,500年前までの縄文時代に生きた
ヒルの魂たちが今の時代に
再び現れ始めているということ。

注意深く見渡せば、そこら中で
縄文人たちがわたしたちの世界に
近づいています。



同じ11月29日のネットニュースでは
鹿児島県南九州市の牧野遺跡で
約1万3500年前の石に線刻
「縄文のビーナス」発見
とありました。
同じ日に北海道と九州で縄文に関する
ニュースが流れました。


さらに12月1日のテレビのニュースでは
縄文時代の住居跡発見のニュースが。

貝塚としては初となる国の特別史跡に
指定された加曽利貝塚(千葉市若葉区)で、
新たに縄文時代晩期(約3千年前)の
住居跡
が見つかった。

〜文章はネットの記事より引用〜

偶然見たネットやテレビ、ラジオなどから
同じワード(今回は縄文時代)が見えたり
聞こえてきたりしたら、それは間違いなく

自然さんからの信号(サイン)

「天縄文時代」の幕開けです。

384b.gif



「たましいの3点セット」を購入希望の方は
3月23日のブログをご覧ください。

2017年4月4日発売。
「自然のルール通りに。たましい編」
bookno3s.gif

「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」
posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

11月 気になったニュース

衣食住の行方

11月25日の武蔵村山市での
「koji-kinのお話会」のテーマは
“下からのエネルギー=お金”

その中で
「衣食住の行方」
「不動産は負動産へ」

というお話もしました。
※理論では
ヒルの時代に近づくほど
衣食住にかかるお金は
ほぼタダになっていくというもの。


10年以上前からこの話を聞いていますが
ここにきてさらに現実味を帯びてきています。

衣=安くて機能的で品質の良いものへ
(ユニクロでも高いという声が。)
食=普段食事にかける価格帯は
さらに下がっている。

(幸楽苑が閉店する理由です。)
住=空き家の増加と高齢化・少子化
(大家さんとの関係が逆転している。)


タダでもいい!

ちょうど11月20日のネットニュースの
見出しに「タダ同然の廃棄物件」
というものがありました。

820万戸の空き家を抱える日本
(平成25年の数字です。)
高齢化と少子化が進み、人口が
減少していく中で住むために必要な
住居の数も当然減っていきます。

では、なぜ都心や近郊でマンションや
ビルの建築が続くのでしょうか?

そこには
「お金」という慾が隠れています。
(この説明は省きます。)

そんな中、売買手数料が安すぎて
普通の不動産屋には頼めないような
価値のない廃棄物件を売買するサイト
「家いちば」
http://www.ieichiba.com/

に人気が集まっています。
掲載されている物件の中には
「もらってくれるならタダでもいい」
とか、最近ではタダの上に
「残置物等処理代として50万円を
進呈します。」

という秋田の物件さえ出てきています。
(もうすでに契約済み)

家は人が住んで生活していないと
あっという間に傷んでいきます。


家には
「この人に快適に住んでもらいたい。」
という心(思い)があります。

家と住む人との間に心の循環(=
エネルギーの循環)があればあるほど、
その家は長持ちする訳です。


383a.gif

ヒルの時代に向け“住”に関しては
「タダでもいいから住んで下さい。」
が普通になっていきます。



「たましいの3点セット」を購入希望の方は
3月23日のブログをご覧ください。

2017年4月4日発売。
「自然のルール通りに。たましい編」
bookno3s.gif

「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」
posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする