2017年08月11日

壊れていくよ その2

2.夜田(戝畜)→樂楽(戝財)
(※漢字に誤りがある場合は
ご指摘願います。)

2番目に崩れていくのが
「官僚組織」

3冊目の本にも書きましたが
官僚は各省庁で主に国の予算案や、
政策案、法律案の策定などを
行っています。

ヨルの時代の官僚はお金の流れを
いかにコントロールして溜め込むかを
考えるのが仕事でした。

例えるなら、
山から流れてくる川の途中に
ダムを建築し、詰め込んだ知識で
ルールを作り、水が自分たちの管理下から
流れ出ていかないようにあらゆる方法で
規制してきたわけです。

339a.gif

誰が一番美味しい水を飲んでいるのか?
(水=お金)
「お金と物」が中心の世界だったので
しかたがありません。


今、自分たちで築き上げてきた仕組みを
変えようにも、それだけのエネルギーの器を
もった人間が官僚の中には存在しません。
(今まで通りにやることしかできない)

それに加えて
「うそ・ごまかし」
も通用しないのですから、
やり方そのものを別次元の方法に
変えないといけない時期にきています。



循環させよう

ヒルの時代になるにつれて
水(お金)は流せば流すほどその幅は
広くなり、水量は増え常にキレイな水が
循環し続けることに気づき始めます。

今度はお金を貯めることではなく
隅々までその流れを止めないように
出し続けることが仕事になっていくわけです。

この場合、どの場所であっても
水(お金)はいつも綺麗でおいしい。
(澱むことがない。)

綺麗な水(お金)がすべての場所に
行き渡れば、世の中は一気に変わります。




「たましいの3点セット」を購入希望の方は
3月23日のブログをご覧ください。

2017年4月4日発売。
「自然のルール通りに。たましい編」
bookno3s.gif

「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」
posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

壊れていくよ その1(補足)

教育

前回のブログ「壊れていくよ その1」
で説明した政治と共に真っ先に
崩壊していくのが「教育制度」

一方向社会だったヨルの時代は
みな同じ方向を向いていたので
同じ教育方法でまったく問題がなかった。

しかし、全方向社会であるヒルの時代へ
と進んでいく中で、今までの教育の
仕方はまったく意味がない

ヨルの教育は「良い子」を育てる
良い子=何でも言うとおりにできる子

(誰にとっての良い子なのか?)
教育自体がトップダウンの一方通行で
知識を詰め込み「秀才」をつくる。

ヒルの教育は勉強ではなく学習に。
自分から興味を持ったものを
自分の好きな方法で学んでいく。
「好き」が中心にあるので
途中で投げ出すようなことはせず
とことん突き詰めていく。
その過程で様々なことを学んでいく
そして生まれるのが「天才」

天才=知識ではなく智慧がある

今現在の学校の教育方針が
簡単に変わるわけではないのですが
子どもの個性を伸ばす→天才へ
に基づいた教育を実践している
先生や学校も少なからず存在しています。

子どもと過ごす時間が最も長い
親たちの意識がほんの少しでも
変わってくれれば子どもたちは
その才能を開花することが出来る。

子どもたちの個性(才能)をみつけ
伸ばすことが出来る環境をつくろう。


338a.gif

この時期に保育などに預けずに
親も子どもと一緒に成長してほしい。



「たましいの3点セット」を購入希望の方は
3月23日のブログをご覧ください。

2017年4月4日発売。
「自然のルール通りに。たましい編」
bookno3s.gif

「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」
posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

壊れていくよ その1

1.夜里(政治)→休能(聖慈)
(※漢字に誤りがある場合は
ご指摘願います。)

前回のブログ
「壊れていくよ〜はじめに〜」
の中で図解したように、ヨルのルールの
ピラミッドの頂点が壊れていかないと
何も始まりません。

その頂点部分というのは
・政治
・政治団体
・○○制度
・教育
・保険

といった類のものです。

こと「政治」に関しては
連日連夜のネットを含むニュースを
見ているとわかると思います。
もうすでに
「うそ・ごまかし」
が効かなくなってきています。
今までは黒く塗りつぶされていた事実が
光を浴びて明るみに出てきている。

ヨルの時代は競争社会だったので
相手とのやり取りの中に駆け引きや
「うそ・ごまかし」が必要でした。
しかし、ヒルの時代には全く
意味のないものとなります。
(見ただけで相手のことがわかる)



聖慈家へ。

ヒルの時代では
「政治家」「聖慈家」
と書き表します。

読んで字のごとく
「聖」とは耳で聞いたことを
口に出す王となり、
「慈」は心を繋いでいくということ。

337a.gif

国民の言うことをしっかりと聞いて
そのまま口に出す王

(※但し、国民もきちんと学んでいる)

政治家の家系だったり、政治家になる
ためだけの勉強をした人ではなく。
国と国民と世界のことを本気で考えて
変えていこうとするごくごく一般の人が
「聖慈家」になっていきます。


周りをよく見てください。
そんな「聖慈家」さんになりそうな人
たくさん現れていませんか?



「たましいの3点セット」を購入希望の方は
3月23日のブログをご覧ください。

2017年4月4日発売。
「自然のルール通りに。たましい編」
bookno3s.gif

「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」
posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする