2017年11月16日

優しい旅 東京に戻り(告知)

お金は水と同じ

ともさんちでの時間が楽しすぎて
長居してしまい午後9時過ぎに
安曇野を出て東京に戻ることに。
お話会を無事終えた達成感からか
帰りの運転は1度も休憩を取らずに
家まで直行しても疲れはなかった。

ちっとも優しくないですね。(笑)

ちょうど夜中の12時に自宅に戻り
すぐに寝ました。
翌朝、目が覚めて洗濯をしようと
洗濯機の蓋を開けたら、洗濯槽に
水がいっぱい溜まっていました。

「うわぁ、やってしまった。」

うちの全自動洗濯機は古くなったせいか
蛇口を閉めないと水がきちんと止まらず、
チョロチョロと流れ続ける。


思い起こせば月曜の朝に洗濯をしたときから
なので、火、水、木、金、土と5日間
流れ続けていた
ことになります。

379a.gif

「これでお話会で頂いた参加費も
すべて水に流れたかな。」


なんて思いながらも、
きっと自然さんが
「プライスマイナス0(ゼロ)だから、
それでいいんだよ。」

と教えてくれているんだと感じました。

すべては「良かった」に。


告知

という訳で(どういう訳?)
「お金は水と同じ」
止めてしまうと澱んでいく。循環するからこそ、
その力を存分に発揮することが出来る。


いよいよ日にちが近づいてきた
11月25日(土)の武蔵村山市でのお話会
動く・生きる・造るの第3回目は造る領域
「お金」
のことをお話しようと思っています。

すでに10名ほど参加予定にはなっていますが
まだ、1人か2人は参加可能です。

2017.11.25.jpg

このブログを読んでいて、参加されたい方は
是非メッセージをしてください。

koji☆soho-phoenix.com
(☆を@に変えてください)

そのほか、ブログに対する感想や質問なども
頂けると、とても嬉しいです。



「たましいの3点セット」を購入希望の方は
3月23日のブログをご覧ください。

2017年4月4日発売。
「自然のルール通りに。たましい編」
bookno3s.gif

「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」
posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

優しい旅 再び安曇野 その2

安曇野スタイル

安曇野では11月2日〜5日まで
「人と自然の文化を中心として多様な価値観
を享受し、安曇野で暮らす人・訪れる人との
繋がりを大切に。」

というコンセプトのもとに
“安曇野スタイル2017”
が開催されていました。

安曇野に暮らす人たちが自分の家や
お店を誰でも出入り自由な状態にして
自分たちの作品や活動を公開している。

玲子さん、ゆきさん、たかさんとわたしの
4人で訪れた民家も、自分たちが造った
個性的な作品を展示しながら販売していました。

「工夫次第で、なんでも作品(仕事)になるね。」

たかさんの言葉を聞きながら
これからは0から1を造る知恵を持った
天才たちの世の中に変わっていくことを
改めて確信しました。

知識より知恵を育むもう。


優しい空間

ここで高山のお二人とはお別れです。
玲子さんを中心に
“高山スタイル”
を作り上げてくれるでしょう。
高山のみなさんには本当に
お世話になりました。

続いて、たかさんを家まで送り、
「また来ます。」
(=いつでも来れる)
と挨拶をして別れ、帰る前にともさんち
顔を出そうと訪れました。

ともさんちでは、3週間の長期休暇を
利用して日本を観光している
フランス人カップルの
ステファンとアメル
に会うことが出来ました。

英語が話せるともさんのおかげで
お互いのことをよく知ることが出来ました。

ステファンは企業向けのCMの
モーションピクチャーを製作する
クリエーターで、アメルは精神科医でした。

日本にきて2週続けて週末に
台風にあたって、最後の週にやっと天気の
良いなか、観光が出来る状態に。

京都、信州信濃町、飛騨高山そして安曇野

日本の建物や文化、風習、生活などを
体験するためあちこちを周っていました。

わたしはつたない英語と手振り身振りで
コミュニケーションをとりながら、彼らに日本語と
日本人(わたし)の生き方を教えました。

単語を並べただけの会話なのに
「心」は通じ、お互いに笑い合い
とても楽しい時間になりました。


彼らは最後にはわたしのことを
Japanese teacher
と呼んでくれた。

その後、長野に移住したいという
日本人のカップルも到着して
みんなで食卓を囲み、とても日本的な
「一汁一菜」
(具だくさんの汁物と栄養のある一菜、
酵素玄米そして肉なしの肉じゃが?)

の食事をしました。英語と日本語が
飛び交う中、そこにいる誰もがみな、
お互いを思いやる気持ちが伝わってくる。

なんて優しい空間なんだろう。

378a.gif

ふり返れば今回の旅は
車での移動も食事も寝る場所も
お話会も人とのコミュニケーションも
何一つ無理をすることがなかった。

出会った人・もの・こと
すべてが優しく感じ、他人にも
自分にも優しく出来た旅。


これからも
優しい旅を続けよう。




「たましいの3点セット」を購入希望の方は
3月23日のブログをご覧ください。

2017年4月4日発売。
「自然のルール通りに。たましい編」
bookno3s.gif

「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」
posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

優しい旅 再び安曇野 その1

暖かい場所

高山で夜のお話会も終わり
ストーブで温められた部屋で
暖かい布団に入りゆっくりと眠りました。
翌朝も船渡ご夫妻と、お話会に
参加してくれたゆきさんと4人で
朝食を頂きました。
普段は一人で食事をしている
わたしにとって、この食卓の雰囲気も
暖かく感じました。

この日、安曇野のたかさんと会う約束を
していたのですが、船渡玲子さんとゆきさん
も是非会いたいとのことで、車2台で
たかさんとの集合場所
「Vif穂高」へ
http://www.vif-hotaka.jp/

玲子さんの道案内のおかげで
順調に集合場所に着けました。
カーナビとは全く違う道だったので
前を走ってもらって良かった。



高い場所

Vif穂高でたかさんと合流して伺ったのは
ぎゃんた宅(あっているかしら?)
ここのご主人のモハンさん
誰でもウエルカムな自然体の人。
奥様が0から作るグリーンカレーで
おもてなしをしてくれました。

その場所に集まっていた人たち
一人は五井昌久さんの教え
「世界人類が平和でありますように」
その祈りを実践して広めている方。

もう一人は
「アナスタシア」のような世界を
広げようと様々な活動をしている方。
今回は小児科医真弓定夫先生
ドキュメンタリー映画(12月3日上映)
「甦れ生命(いのち)の力」
の自主上映会の主催をしていました。



高山からわざわざこの場所を
訪れた船渡玲子さんにゆきさん
そして、たかさんとわたし
8人でお話をしながら、

なんて
エネルギーの高い「場」なんだろう。

そう感じずにはいられませんでした。

見えているものはみな同じ。

愛と優しさで溢れる世界。

377a.gif


「たましいの3点セット」を購入希望の方は
3月23日のブログをご覧ください。

2017年4月4日発売。
「自然のルール通りに。たましい編」
bookno3s.gif

「自然のルール通りに。その2」
「自然のルール通りに。」

☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」
posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする