2017年02月15日

絵本「魂職をさがせ!」主人公紹介

絵本の作り方

完成品は絵本と言うより
“絵本のようなもの”
になります。
今回は作り方を書いておきます。
(わたしが作る場合)

@100円ショップで画用紙とカードリングを購入
A画用紙を半分に裁断します。
BブログのPDFファイルを印刷します。
(この場合B5版で印刷します。)
C紙に穴あけパンチで穴を開けます。
(B、Cはどちらが先でも大丈夫)


280a.gif

Dカードリングに印刷した紙を通す。
E下の写真のようになっていきます。


280b.gif

この絵本の目的は“読み聞かせ”ですが
お子さんがいる方は一緒に作ると
楽しいかもしれませんね。


主人公紹介のページ
主人公紹介.pdf
今回は“ういるすん”の紹介ページです。

<解説>
主人公“ういるすん”の口癖は
「すべて、よかった!」

人間はこの世に生まれてきてから
「選択」の連続です。
どちらを選んだにせよ、その時の
「自分のベスト」を選んだ訳で
その選択のおかげで「今」があることを
忘れてはいけません。

どんなにひどい目にあっても
人(魂)が学ぶために必要なことです。


つまり、世の中には“ワルイ”ことなど
1つもないと言うことです。


それを表している言葉が
「すべて、よかった!」
になる訳です。

280c.gif


「自然のルール通りに。その2」



書籍「自然のルール通りに。」


☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」

posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

絵本「魂職をさがせ!」

誰でも作れる

みなさんは
「週刊ディアゴスティーニ」
みたいに毎号雑誌を買って付録のパーツを
組み立てて何か作ったことはありますか?

deagostini.gif
※画像はディアゴスティーニのページより引用

1月28日のブログ「新月の願い」
の中で書きました。
「魂職を探せ!」の絵本を作り
子どもたちに読み聞かせしたい
という願い。

絵本出版とまでいきませんが
ストーリーは完成しています。


今回は誰でも自由に利用できるように
ブログ上に無償で公開することにしました。

279a.gif

PDFファイルで公開しますので
Adobe Readerなどで開いてもらいプリンタで
印刷すれば絵本が完成していくという仕組みです。
(B5版で作ってあります)

今日は表紙だけを載せておきます。↓
魂職をさがせ表紙.pdf
(画用紙に印刷するといい感じに)

全部で35ページ分あります。
公開しながら少し解説をしていくので
すべて揃うまで時間がかかります。

早く読みたいという方がいましたら
こちらで作成してお送りいたします。

(ドネーション方式)
メールにてご連絡下さい。
books☆soho-phoenix.com
(☆を@に変えて下さい。)
わたしの連絡先を知っている人は
遠慮なくどうぞ。


すでに何人かに見てもらいましたが
「かわいい。」
「色がきれい。」
「わかりやすい!」
「道徳の授業にも使えそう。」

など、感想を頂いております。

毎号?印刷して
絵本「魂職をさがせ!」
を完成させよう!!



「自然のルール通りに。その2」



書籍「自然のルール通りに。」


☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」

posted by koji-kin at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

満月の夜に。

未確認飛行物体

昨日2月11日は満月でした。
あまりにも明るく、あまりにも綺麗だったので
空に何も障害物がない駐車場から
iPhone6Sで月の写真を撮りました。

月がうまく撮れないのは良く知っているので
フレームの中心に収めようとパシャリ。

UFO.jpg

家に戻り撮影した写真を良く見てみると
左下に丸いものが写り込んでいます。
(1つは見えにくいですが、4つの物体)

これはなんだろう??

きっとお月様に見とれて姿を現してしまった
UFO(未確認飛行物体)だと思います。


月自体がぶれていて月明りのゴーストなら
わかりますが、月はきちんと定まっている
(つまり、手振れなどはない)
カメラのフラッシュはいつも発光禁止に
なっているので、この物体は自ら光を発しているか
月明かりが反射しているかのどちらかです。

う〜ん、ワクワクします。

「我が国が〜」とか「国境問題が〜」
などと言っているうちは、宇宙人は
わたしたちの前には現れないでしょう。

地球という1つの家で人類が家族のように
平和に暮らせるようになったとき、はじめて
宇宙人が目の前に現れるでしょう。


そして
「わたしたちは〇〇星から来ました。」
「地球へようこそ。わたしたちは地球人です。」
と交流がはじまるのかもしれません。

278a.gif



「自然のルール通りに。その2」



書籍「自然のルール通りに。」


☆ラインクリエーターズスタンプ第1弾「ういるする」
☆ラインクリエーターズスタンプ第2弾「ういるする2」

posted by koji-kin at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする